【電子書籍の種類】電子書籍ってどんな本が読めるの?

電子書籍とは?

一言に電子書籍と言っても、色んな電子書籍があります。大きく分けてしまえば、【マンガ】と【活字の本】ですがそれぞれ読み方も多肢にわたってきます。

電子書籍を読むにあたって、【購入する】【レンタルする】【月額で読み放題】の3種類がありますので、どれが自分に合った読み方か知ってから利用した方がお得に電子書籍を読む事が出来ますよ!

では、まずは電子書籍の種類から見ていきましょう。

【電子書籍の種類】電子書籍ってどんな本が読めるの?

手軽にお得にマンガを読める!

電子書籍で最も読まれているのが「マンガ」です!ピッコマやcomicoなどのアプリでマンガを読んだことはありませんか?あれも電子書籍のマンガですね。

電子書籍のマンガは利用者数が年々増加しており、今後さらなる発展が期待されるサービスです。マンガを扱う電子書籍ストアは非常に多く、それぞれ「無料マンガ」や「品揃え」「価格」などで得意な分野が違います。

最新刊の取り扱いももちろん行っているので、売り切れなどで手に入らない・本屋さんに買いに行く暇がない人でも手軽に読み始める事が出来るのが利点です。

総合的に古いマンガから最新刊まで、マイナーなマンガから人気のマンガまでありとあらゆるマンガが電子書籍化されているので、あなたが読みたいマンガもほぼ間違いなく電子書籍で読めるはずですよ!

小説やラノベ、参考書にビジネス本も読める!

電子書籍はマンガのイメージが強いですが、小説やライトノベル・参考書やビジネス本または各種雑誌と、あらゆる本が電子書籍化されています。

一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも読む事が出来ますので、通信料もかかりませんし、例えば飛行機での移動中などでも読む事が出来ます。

ページ数の多い本だと重さもそれなりに重くなってきますから、持ち運ぶのは結構大変です。しかし電子書籍であれば普段持ち歩いているスマホやタブレットに本をそのまま入れられるので気軽に持ち歩く事が出来ますよね!

そしてなにより電子書籍ストアでは本屋さんではなかなかない、割引クーポンが頻繁に発行されます。値段の高い本を購入する場合は特に、一度電子書籍ストアではいくらで購入できるのか確認しておくと本屋さんよりも安く購入する事が出来るかもしれません。

電子書籍を読む3つの方法

さて、電子書籍でマンガや活字の本など大体すべての本が読める事は分かりましたが、実際電子書籍を読むには大きく分けて3つの方法があります。

それぞれ読める期間や種類、価格が変わってきますので、自分に1番合った読み方を選んだ方が得策です。1つずつ解説していきます。

電子書籍を購入する

本屋さんで本を購入するのと同じく、電子書籍も購入できます。購入後はもちろん好きな時にいつでもどこでも何度でも読む事が出来ます。

本屋さんでの購入と違う点は

  • 読み終わった後に売却することはできない
  • 利用した電子書籍ストアが無くなると読めなくなる
  • 誰かに貸すことはできない
  • いつでもどこでも購入できる
  • 割引を利用すれば本屋さんより安く購入できる
  • 電子書籍は場所を取らずかさばらない
  • どんな本を読んでいるか周りにバレない

といった部分です。1番のデメリットは利用した電子書籍ストアが無くなるともう読めなくなる事ですが、安定した大企業が運営する電子書籍ストアであれば基本的に心配は不要です。

預金を銀行に預けていて銀行が破綻した場合と似ていますね。このご時世なので絶対大丈夫という事はありませんが、銀行よりYahoo!JapanやAmazon・楽天などが潰れる可能性は低そうです。

それよりも自宅にいながらあらゆる本を購入できて、場所も取らず尚且つ安いのであればそちらの利便性を取る人が多いかと思います!

電子書籍をレンタルする

電子書籍は購入だけでなく、レンタルする事が出来ます。

GEOやTSUTAYAでコミックレンタルするのと同じですね!もちろん購入するより安く読む事が出来るのがメリットです。ただし、1泊2日や2泊3日など期限付きなのも同じで、1度だけ読めればいいという人向けとなります。

しかし現状ではレンタルを行う電子書籍ストアは、最新作や人気作のレンタルを行っておらずマイナーな作品や古い作品のレンタルがほとんどです。

過去作を読み直したい人や、過去作で読んだことがないマンガを読みたい人には価格も安く、おすすめな方法です!

読み放題を利用する

マンガ喫茶やネットカフェに行って本を読むのと同じく、電子書籍も月額契約で本が読み放題になります。マンガ喫茶やネットカフェと違う点は小説など活字の本も読み放題がある事です。

小説や雑誌などをよく読む方は電子書籍の読み放題を利用するとお得かもしれません。逆にマンガを読み放題で読みたい方は、レンタルと同じで最新作や人気作が読み放題に含まれていない事が多いため、あまり利用するメリットがないかもしれません。

読み放題を利用する場合は、まず読み放題対象の作品を確認してから契約するようにしましょう。特にマンガは自分の読みたい作品がラインナップに入っているか要確認です。あった場合はどのサービスよりお得に読む事が出来ますよ!

電子書籍の種類のまとめ

電子書籍の種類と、電子書籍の3つの読み方についてご紹介しました。

大きく分けると電子書籍は

  • マンガ
  • 小説やラノベ・参考書や雑誌・ビジネス本

の2種類に分かれており、どちらも膨大な冊数の本が全て電子書籍化されており、今後さらに増えていく見通しです。

そして電子書籍の読み方は大きく分けて3つで、

  • 購入する
  • レンタルする
  • 読み放題を利用する

の3つです。それぞれメリットとデメリットがありますので自分に1番合った方法で電子書籍ストアを選びましょう!

では、数ある電子書籍ストアの中からどの電子書籍ストアを選べばいいでしょうか?次はあなたに合った電子書籍の選び方を解説していきます。

NEXT→電子書籍の選び方~ストア選びで失敗しないためのポイント

タイトルとURLをコピーしました