金融機関職員が教える1円でも多く増やす預け方 クラウドバンク

雑記

どうもナマステ。
RE:MENのアイトスです。
いままでいくつかの記事でも私が金融機関で働いていることはお伝えしましたが、
今回はそんな私が考えるお金の預け方に関して書いていこうと思います。

はじめに

みなさんお金預けた時に1円でも多く利息が付いてほしいと思いませんか?
お金を少しでも増やしたいから定期貯金などにしていませんか?
しかしその預けている貯金ホントに増えてますか?


金融機関に務めていたらこんなこと言っちゃ元も子もないんですが、現在の金融機関の金利で思ったように増えている方はいないと思います。
だからと言ってリスクの大きい投資や株、FXなどは怖くて手が出せない。
私もそうです。

がんばって稼いだお金を失うのは本当に恐怖なのでなかなか運用に手を出す事ができません。

リスクが無くてお金が増やせるに越したことはないですが、そんなに世の中うまい話はありませんよね。
そんな方たちに今回お伝えしたいのがクラウドバンクなのです!
結論からいうと

基本的な金融機関の通常貯金の金利 0.001% (2019年現在)
クラウドバンクの場合平均の金利  6.99% (2019年3月)

だったらどっちに預けますか?ってお話しです。

クラウドバンクとは?

まずクラウドバンクってなんじゃらほいって人が多くいると思うのでご説明します。
クラウドバンクは日本クラウド証券株式会社が行っているサービスで、サイトで募集がかかっているいろいろなファンドから好きなところを選びお金をクラウドバンクに預けると、プロがそのファンドに融資して資産を運用してくれるサービスです。いわゆる融資型クラウドファンディングです。


おい。
結局投資なんかいっ!!って思うかもしれませんが、このクラウドバンクに関しては融資による運用をしてくれるってところが大事です。

簡単にいうとたくさんの投資家たちがお金をだしあって、そのお金をファンドに貸して、返済された利息を預けた私たち投資家に分配してくれるっていうサービスなので、金利情勢や、社会情勢なんて見る必要もないし勝手に預けたお金を増やしてくれるんです。

細かいことは考えずに待っているだけの運用という事です。

なんとなく理解できるでしょうか?
自分で画像作ってみたら私意外と下手ですねw

融資先

融資先に関しては預ける側が決める事ができます。
いろいろありますが一例としては

  • 中小企業支援ローンファンド
  • 上場企業事業拡大支援ファンド
  • 風力発電ファンド
  • 太陽光発電ファンド  などなど

があります。
その他にも米ドル建てのファンドなどがありますが、私は外貨系はよく理解していないので手を出していません。
このようにいろいろなファンドがある中で自分で投資先を選ぶことができます。
私が個人的にいいと思ったのは、自分以外に何人の投資家が投資しているかが一目で見てわかります。
それが分かることで初めて利用する人も不安要素は少なくなりますし、投資家たちが選ばない銘柄はクラウドバンク側も融資をしないので、その分リスクは少なくなります。

クラウドバンクのデメリット

とはいえ、クラウドバンクに関してもデメリットがいくつかありますので書いていきます。

1.元本を保証しているわけでは無い。

クラウドバンクは投資ですので、通常の貯金(ペイオフの範囲内)のような元本の保証はされていません。もし、融資先が貸し倒れした場合は元本に関して投資家が損失を被る場合があります。

2.早期償還がある。

予定してた期間より短い期間で投資したお金が償還され、予定していた利率にならないケースがある。

3.過去に行政処分を受けている。

日本クラウド証券は過去に2度行政処分を受けたことがある会社である。

そのことが不安になるのであれば、預け先を考え直すことも必要になるとは思うが、
私個人としての見解も書いておきます。

1.元本を保証しているわけでは無い。に対して

そもそも投資なので元本保証が無いのは当たり前だが、クラウドバンクに関しては融資元本回収率100%なので十分安心して預けることができる。

2.早期償還がある。に対して

早期償還されたのであれば利率が下がってしまいますが、再度投資しなおした場合そんなに変わらないと思うし、償還が遅れるよりはいいと思う。

3.過去に行政処分を受けている。に対して

もちろん行政処分を受けたことに関してはよくない。
ブランド力としても落ちてしまうが、国から指摘を受けた企業全て信用できないなら日々の生活すらできないのではないだろうか?

安心できる理由

つぎに、日本クラウド証券のクラウドバンクが安心できる私なりの理由についてかいていきます。

1.これまでの実績

投資でも運用でも過去の実績からしか将来は予測できないですが、ファンドバンクは過去も融資元本回収率は100%なので、損失を被った人はいないわけです。
ましてや平均利回りも6.99%で通常の貯金と比べると非常に高い。
もし、6.99%にならずとも十分に価値があるお金の預け方だと思う。

2.少額でも可能

投資や運用に関してはどうしてもある程度の原資が無いと始める事さえ難しいが、クラウドバンクは1万円から運用が可能。
今のところ使う予定がないかな?と思う少ない金額ではじめるだけで少しずつ利息が増えていくのはありがたい。

3.運用先に全件担保を設定している

これはとても素晴らしいです!
仮に融資した先が貸し倒れしてしまったとしても担保されているもので回収し元本を戻せる可能性が高いということです。

税金や手数料

税金に関して

クラウドバンクが運用し、増えた利息分には税金がかかるのでそこも書いておきます。
現在2019年では、増えた利息については20.315%の税金を取られます。
これは預貯金も同じです。

手数料に関して

口座に入金するときの振り込み手数料は各金融機関ごとの振込手数料が実費負担となってしまう。
しかし、クラウドバンクでは
口座開設や維持に関しては全て無料。
ファンドの取引手数料も無料。
出金に関しても無料となっています。


クラウドバンク 口座開設  はこちら

まとめ

今回は随分本業に近いラインの記事を書かせていただきました。
正直クラウドバンクなどが流行してしまうと金融機関は商売あがったりです。
困ります!w
しかし、仕事中はもちろん会社のための事を考えますが、一歩外に出れば私も利用者です。
利用者側の立場に立った時私はクラウドバンクを選んでしまいます。
だって仮に100万円預けて0.001%だと年間利息10円ですよ!?
クラウドバンクの平均利回り通り6.99%だと69,900円ですよ!!

そりゃすぐに使うことになった場合は不便かもしれませんが、急に車買うことも家買うこともないですし、入院したって高額療養費制度もあるし、そんな大金急に使う事なんてほぼないですよ!w
それを半年や1年おろせなくなったからってそんな問題ないし、なんなら定期貯金も一年とかなら考え方的には一緒ですしね。
まー私は余剰金が100万とかないんですけどね。w
しかし、1万円から可能なので、とっつきやすいですし、結果やシステムが分かってからある程度の余剰金を預ける方が安心できるとは思うので、ぜひ小額からでも始めて見ることをお勧めします!
しかし、金融機関のご利用も今後ともよろしくお願いします。w

クラウドバンク 口座開設 はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました