簡単なSIMカードの入れ替えかた!格安SIMに替えるために手順を解説!

雑記

SIMって普通、あまりさわる機会がないからいじるのこわかったりしますよね!
しかし格安SIMに替えるにはインターネット申し込みが主流の今、
この辺りも自分でできた方がお得になります!
全然難しくないので安心してください!
ではさっそく手順を見ていきましょう。

この記事では敢えて手順を先に書いています。
最後に事前に準備するものを書きましたので、
読み終わってからの交換をお勧めします。

SIMロックは解除されていますか?

SIM交換の前にSIMロックを解除しておかなくてはいけません!
SIMロック解除の方法はコチラ

解除も簡単に自分で出来ちゃうはずです!

SIMってどこに入ってるの?

基本的にスマホ本体の側面右側です。
小さい穴が空いているのがわかりますか?
そこがSIMトレイを開けるための穴です。

まずは電源を切ろう

電源がついたままSIMカードを取り出すと、
データ破損などの恐れがあるので必ず電源を先に切りましょう。

SIMトレイを開ける

先程確認したSIMトレイの穴にピンを差し込みます。
後述しますが、SIM取り出しツールで行います。

ない場合はクリップや各種ピンなんでも開きますが、
傷つけないように注意してゆっくりやりましょう!

SIMカードは衝撃や汚れに弱いので、
室内で落ち着いてできる場所で行ってください。
ピンを差し込む際カチッとトレイが出てくるまで差し込みます。
無理に力を入れすぎず少しずつ差し込みましょう。

SIMカードの交換

トレイが開いたらトレイごと引き抜きます。

トレイをひっくり返せばSIMカードが外れますので、
新しいSIMカードをセットして再度差し込みます。

SIMカードには裏表があるので間違えないように、

取り出したとき確認しておきましょう!

SIMカードについているICチップには触れないようにしてください。
破損や不具合につながるので両端をつまむように持つとgood。
古いSIMも保管できるようケースなどあると安心です。

電源を入れる

交換が終わればあと一息!
電源を入れましょう。
あとはSIM業者からの案内通りで問題ありません。

ただ、事前準備で後述しますがWi-fi環境が必要です。
自宅などWi-fiのあるところで交換してください。

以上で手順は終わりです!お疲れさまでした!



実際に交換する前に事前準備

交換前に用意するものや確認しておく事があります。

SIM取り出しツール

通常、スマホ購入時の箱の中に入っていますが、
「そんなのもうないよ!」という方はクリップやピンでも代用可能です。
先の尖ったものは危険ですので使用しないでください。

一応、安くて変換とセットのものがこちら。

★【Cmzwt】MicroSIM→SIMカード変換アダプター(黒) SIM 取り出しツール付き(0118-BK)

価格:191円
(2019/8/22 00:06時点)
感想(0件)

SIMカードのサイズは大丈夫?

SIMカードにはサイズが3種類あります。

  • 標準SIM
  • micro SIM
  • nano SIM

2019年現在ではほとんどが一番小さいnano SIMです。
ですが念のため自分のスマホの規格がnano SIMなのか確認しておくと安心です。

「SIMカードのサイズを間違ってしまった!」という方は、
店舗で交換が可能です。
ただ、有料ですので注意が必要。

必ず販売元のサイトでお持ちのスマホのSIM規格を確認してからSIMカードを契約しましょう!

Wi-fi環境はある?

交換後にスマホを再起動させる時、設定のため通信が必要な場合があります。

設定が必要かどうかはSIM業者サイトの動作保証端末一覧に記載されているので確認しておくと安心です。

交換作業はWi-fi環境下が望ましいです。

まとめ

いかがでしょうか?
SIMカード交換自体は簡単です!

気を付けるのは契約する前に自分のスマホが

  • SIMロック解除されているか?
  • 動作確認がとれている機種か?
  • SIMカードの規格はnano SIMで間違いないか?

というポイントです。
各業者のサイトにすべて載っているので調べればすぐわかるとは思います。

あと、自分で調べなくともヤングモバイル等格安SIMの契約先が契約前に機種を確認しますし、SIM交換の案内をきちんと教えてくれます!

そのあたりはサポートもしっかりしているので安心です。

あとSIMロック解除は自分でやった方が無料で済むので、
自分で解除するのをおすすめします。

SIMロックの解除方法はコチラ!

スマホ代高いなぁ・・・

という方は格安SIMで大幅に節約してみましょう。
通信速度や安心面でY!mobileがおすすめです。
Y!mobileってどうなの?という方はコチラの記事を見てみてください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました